しかし先ほど述べた特定継続的役務

しかし、先ほど述べた特定継続的役務や保険契約に該当していたときには可能となります。
その次に、カタログ通販に加えネット通販やネットオークション、自分自身で葉書やインターネット経由で申し込みを行った場合には適用外となります。
それから、街を歩いていた際声をかけられたので着いていったら高価なものを購入させられてしまったといった場合でも適用されます。そのうえ、電話で案内された通りに契約してしまった際でも8日間以内の期間であれば承認されます。
その一方で、が認められない購入方法や商品もあったりします。例を挙げるなら、自分から店舗または営業所を訪れて、商品を買うか契約したケースでは、は適用されません。
あとは、内職商法並びにモニター商法といった業務提供誘引販売と呼ばれるタイプのものやマルチ商法などの連鎖販売契約と呼ばれる類のものであるとするならば、20日間以内であるならば契約解除ができます。このような事例は一人住まいの高齢者に多めですが、こういう場合、商品を購入後8日間以内であるならば返品が可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ